よくある質問

薪ストーブの掃除の仕方・手入れの方法は?∼メンテナンスについて∼

暖炉・ストーブを長く使うためには、メンテナンスや保守点検を怠ってはいけません。安全管理の上でも
必要不可欠なことです。

メンテナンスの作業は煙突掃除、ストーブ本体の掃除、消耗品の点検、交換及び補修などを主に行います。
まず煙突掃除がなぜ必要かというと、煙突内に付着したタールがストーブ本体から伝わる熱によって発火する、いわゆる「煙突火災」を防ぐ最善の方法だからです。

用意するもの

はしご・ロープ・軍手・養生シート(古毛布でもよい)・防塵用のマスクとゴーグル・安全ベルト・煙突掃除用ブラシ・掃除機・こみ袋・ワイヤーブラシなどです。

はしご、ロープ、軍手等

最初に室内側の準備が必要です。ストーブの周りをしっかりと養生し、ストーブ本体にバッフル(熱受板)があるタイプは予め外しておきましょう。次に外部ですが、ここで最も注意する点は、高い所の作業となりますので、安全性には十分過ぎる程の気配りをすることです。
また作業の服装ですが、思った以上に汚れますので、作業がしやすく汚れてもよいものを選ぶこと。細かい粉塵が飛び散るので、防塵マスクとゴーグルを装備し帽子をかぶるなどするとよいでしょう。

安全にそして心おきなく暖炉ストーブライフを楽しむためにも、1シーズンに最低1回は「暖炉ストーブ・メンテナンスデイ」なる日を設けていただきたいものです。

そしてこのように、煙突掃除を含め暖炉・ストーブのメンテナンスには専用の道具が必要になりますので、専門業者に相談や依頼をもちかけてみましょう。

掃除の手順

  1. 煙突上部のトップ(煙突囲いトップの場合は一番頂部の蓋、丸トップの場合はそのトップ)を外す。
  2. 延長式の掃除用ブラシを(煙突径に合ったものを使用)煙突内に入れて3~4回上下させて内壁の汚れを落とす。

    外部からの作業はこれで終了です。

  3. トップを元に戻す前に周辺の防水シール等のチェックもこの機会にするとよいでしょう。

    そしてストーブ内部は煙突から落としたすすや灰で一杯になります。
    静かに扉を開け、ワイヤーブラシ等でストーブ内についているすすや灰を払い、灰受けを処理します。

    細かいすすや灰は掃除機で吸い取ります。

    ストーブにススを落とさない様、あらかじめストーブより室内の煙突を外しておき、ススが部屋内に出ない様ビニール等で塞いでおくものひとつの方法です。

  4. 今度はストーブ本体のメンテナンスです。触媒装置の付いているタイプは、掃除機で目詰まりしている灰を吸い取りましょう。

    扉に付いているガスケットを点検し、不備であれば交換しましょう。

    続いてガラスの点検と掃除をします。

    最後に煙突のジョイント部や本体のサビ等を点検し、耐熱塗料で補修して作業は完了です。

掃除の手順

 

修理窓口